Description

ページ数:16、物語、トラディショナル(寓話) ある村の少年は羊飼いの役目をし、もしオオカミを見たらすぐに村人へ知らせるように頼まれたのでした。少年はオオカミの鳴き声をまねることで、村人を試します。彼らは走ってやって来ます。彼はもう一度、そしてもう一度鳴き声を出しました。しかし三回目村人は彼を信じてくれません。そして、その時いたのは。