Description

ページ数:16、物語、トラディショナル(寓話) 老婆は羊たちのを守るための番犬が必要でした。クマとヒョウとコヨーテがこの仕事に申し込みます。老婆は旋律の美しい声を持つコヨーテを選びます。しかし、彼女が戻った時には、ヒツジは皆いなくなっていました。なぜコヨーテが羊飼いの番犬として使われないのか、もうお分かりでしょう。