Description

物語、トラディショナル(寓話) 水を飲みに川に来て溺れてしまったアリに、ハトが木の枝を川に投げてアリを助けたことに始まり、その後ハトが狩人に狙われた際に、アリはその狩人の足に噛みつき、狩人の矢が狙いを外れ、今度はハトが助けられるというお話。