Description

ページ数:16、物語、トラディショナル(寓話) キツネはカラスがくちばしにくわえているチーズがほしいと思っていました。賢いキツネはカラスにお世辞を言ってカラスにカーカーと鳴かせました。すると、もちろんチーズはカラスのくちばしから落ち、待っているキツネのもとへ転がってきたのでした。