Description

物語、トラディショナル(ドイツ民話) ハーメルンの街にはネズミがはびこり、人々は不幸で市長は問題を解決することができません。風変わりな笛吹き男が市長の事務所へやって来て1,000金硬貨と引き換えに、街からネズミを一掃すると申し出ます。喜んだ市長は彼に50,000金硬貨まで与えると言いました。焼くその通り、笛吹き男が笛を奏でるとネズミたちは彼の笛の音色に続いてウェザー川で溺れていなくなります。人々はとても満足でしたが、市長は彼に金貨を払いませんでした。そこで翌日、笛吹き男は別の音色を奏でました。すると子供たち皆彼の笛の音色に続いて山へと消えていきました。ハーメルンの人々は、笛吹き男にはいつも対価を払わなければならない、ことを学んだのでした。