Description

ページ数:16、物語、トラディショナル(デンマーク、アンデルセン) みにくいあひるの子は、デンマークの詩人アンデルセンによって書かれた物語。1羽だけ他の鳥たちと見ためが違うことから、周りにいじめられながら大きくなっていく「アヒル」の子の話。しかし、大きくなったそのいじめられっこの「アヒル」は、鳥の中で最も美しい白鳥となる。世界中で愛され、オペラ、ミュージカルやアニメーションにもリメイクされている。